長崎宏子 Hiroko Nagasaki

長崎宏子への講演&出演のご依頼はこちらから

長崎宏子

1968年秋田市生まれ。12歳で彗星のごとく水泳界に登場。小学生初の競泳五輪日本代表に(1980年幻のモスクワ)。以後、二度の五輪出場(1984年ロス、1988年ソウル)。米国留学後、JOC職員、IOC選手委員会委員を経て、スポーツコンサルティング会社「ゲンキなアトリエ」設立に参画。同社取締役。1998年から主宰する0歳からの親子水泳『ベビーアクアティクス』が「子育てスイミング」として盛況。執筆、講演などにも活躍。秋田県立総合プール名誉館長。著書『水泳入門』(岩崎書店)『子育てスイミングのすすめ』(PHP新書)、監修『ゆっくり泳げばうまくなる。きれいにクロール』(新星出版社)他

講演、イベント、テレビなど、出講依頼は
ゲンキなアトリエ出講依頼フォームまたは下記からどうぞ!!

提携マネージメント会社(あいうえお順)
システムブレーン
パートナーシステム
マザーランド

関連ページ
ベビーアクアティクス・ドット・コム